キャタピラー教習所

  1. HOME
  2. 知っていますか?

第21回 フルハーネス型墜落制止用器具の資格について

 

われわれの国では、毎年1、000人ほどが労働災害で命を落としています。

その理由として最も多いのが、墜落・転落による災害で、実に全体の25%にのぼります。ここ数年この傾向は変わらず、特に建設業での死亡災害においては50%近くを占めます。

このため、これまで国による様々な規制がなされるとともに、災害原因の研究が進められていおり、建設業においては、墜落災害のうちのなんと80%が、安全帯の不適切な使用に原因があることがわかってきました。たとえば、安全帯を巻いていただけで実際には親綱につないでいなかった、きちんと点検しておらず器具が壊れた、などが多かったようです。

このため、安全帯を身につけることを推進するだけでは不十分で、特に初心者については、使い方やその機能についてきちんとした教育をしなければならないことになりました。

また、国際規格との整合や、より安全な措置をとるという意味で、フルハーネス型のものを基本にすえることになりました。

 

改正された法令の主な内容は次の通りです。

・正式な名称を「安全帯」から「墜落制止用器具」に変更する。

・構造規格とJIS規格を変更する。

・例外を除き、フルハーネス型のものを使用しなければならない。

・フルハーネス型墜落制止用器具の使い方に関する特別教育を新設。

 

特別教育については、

1)作業床などの安全な作業場を確保できない場所で、

2)墜落制止用器具を使用しながら作業する方

については、2019年2月1日以降には特別教育の修了が必須になります。

例えば、とび、鉄骨とび、手すりのない足場の最上段、急勾配の屋根の上での作業では、必須の資格です。

しかし、新しい規格の墜落制止用器具は、正しく器具を選び、かつ正しい使い方をしないと、設計どおりのすばらしい性能を発揮することができず、皆さんを守ることができません。

従いまして、装着義務のあるなしにかかわらず、できるだけ多くの方に受講していただくことが重要です。

 

私たちキャタピラー教習所は、この「フルハーネス型墜落制止用器具特別教育」を全国で開催するために、鋭意準備中です。

今すぐ、お近くのキャタピラー教習所まで、お問い合わせください!

 

「フルハーネス型墜落制止用器具」特別教育

労働安全衛生規則 第36条41項

安全衛生特別教育規程(厚生労働省告示) 第24条

特別教育フルハーネス時間割

 

北海道教習センター 講習案内 北海道札幌市清田区里塚二条 011-795-7022
青森教習センター 講習案内 青森市大字滝沢字下川原 017-737-3722
宮城教習センター 講習案内 宮城県岩沼市下野郷字西原 0223-29-3911
埼玉教習センター 講習案内 埼玉県深谷市幡羅町 048-572-1177
東関東教習センター 講習案内 千葉県柏市十余二 04-7133-2126
相模教習センター 講習案内 神奈川県高座郡寒川町  
静岡教習センター 講習案内 静岡県藤枝市水守 054-641-7010
東海教習センター豊橋教習所 講習案内 愛知県豊橋市二川町字川田 0532-65-5151
東海教習センター名古屋教習所 講習案内 愛知県弥富市五之三町川平 0567-66-0151
新潟教習センター 講習案内 新潟県新潟市西区山田 025-232-7611
北陸教習センター 講習案内 石川県金沢市梅田町 076-258-2302
近畿教習センター茨木教習所 講習案内 大阪府茨木市下井町 072-641-1121
近畿教習センター大阪南教習所 講習案内 大阪府和泉市池田下町 0725-56-6373
和歌山教習センター 講習案内 和歌山県和歌山市向 073-455-3377
兵庫教習センター 講習案内 兵庫県小野市菅田町南野 0794-67-2211
岡山教習センター 講習案内 岡山県岡山市中区藤原 086-272-0001
広島教習センター 講習案内 広島県廿日市市木材港北 0829-34-3011

   

  知っていますか?シリーズ:タイトル 
刈払機の資格 
保護具の話 ヘルメット  
保護具の話 安全帯  
振動工具の資格  
フォークリフトの資格  
移動式クレーンの資格  
玉掛けの資格  
玉掛けの資格 その2 
不整地運搬車の資格  
10 高所作業車の資格  
11 ロープ高所作業の資格  
12 自動車用タイヤの空気充てん作業の資格
13 はい作業について
14 足場の組立て等の資格
15 低圧電気の資格
16 研削といし取り換え作業の資格
17 締固め(ローラー)の資格ついて
18 伐木作業の資格について
19 粉じん作業の資格について
20

酸素欠乏危険作業の資格について

21
フルハーネス型墜落制止用器具の資格について